FX初心者のための正しい投資方法

投資でお金を増やそう!と思っても、投資にはいったいどんなものがあるのでしょうか。
一般的に投資と言うと、株、FX、日経225、アービトラージなどが上げられます。
その中でも、一度でお金をたくさん増やせる方法として知られているのがFXです。

 

ただ、一度でたくさん増やせる分、一度でたくさん失う可能性もあります。
FXが原因で自己破産してしまった人も少なくありません。

 

FX初心者であればあるほど、一度に投資する額は少額である方が賢明です。
まずは少額の取引を行い、FXがどんなものであるのか、FXを行うメリットデメリットをきちんと把握しなければなりません。
少額の取引を地道に行っていけば、もちろんリターンも少ないですが、リスクも少ないのです。
まだまだ不景気と言われる世の中で、大金を一度に失うのは精神衛生上もよろしくありません。

 

FXで儲けたいと考える場合は、それなりの勉強も必要です。
ただし、机上の空論よりもやってみてどうかという部分も必要です。
まずは少額から取引を開始し、FXに慣れ、どういうものなのかきちんと知ってからの方が良いでしょう。

 

 

○FXの利点
殆どの人は、銀行に貯金をしていると思います。
ただ、こんなご時世なので金利はほとんど付きません。
今銀行はただお金を保管しているだけの場所であって、もちろん減る事はありませんが、増えることもありません。
逆にFXは、少額の取引から開始できるということだけでなく、高い金利を得ることができるというメリットがあります。
それを、スワップポイントと言います。

 

今の日本は、金利は常に低い水準で推移しています。
金利が貯まるという感覚はなくなってしまいましたよね。
金利には期待なんてしていないという方がほとんどだと思います。
ただ、こうした低金利の日本にも魅力的な点があります。

 

例えば、日本のように低い金利の通貨を売って、高い金利の通貨を購入した場合、その差額分を受け取れるというものです。
詳しく例をあげると、日本の金利が0.1%で、通貨を購入した国の金利が4.0%だった場合、差額の3.9%分を毎日受け取れるのです。

 

スワップポイントは、この差額分のことを言います。
これは、金利が安い国でないとあり得ない事なので、日本は今ねらい目と言えます。

 

FXを詳しく調べていくと、こうしたメリットがあります。
金額的には少額ですが、地道に行えば日本の銀行にただ預貯金するよりも金利が見込めます。
中長期的に考えて、安定的な利益がほしい場合は得策と言えます。