FXの証拠金と税金について

FXを始めようと思ったら、取引を開始するための前準備を行う必要があります。
FXは少額から始めることができますが、今すぐに取引を開始するという事はできません。
まずは、外国為替取引を扱っているFXの会社に口座を開設する必要があります。

 

FX会社で口座を開設することが、FX取引の第一歩です。
口座の開設が終わったら、その口座にお金を入金する必要があります。
この時に入金するお金は一般的に証拠金と呼ばれ、これから行っていく取引の担保となります。
証拠金は、会社によって呼び名が変わる為口座を開設する前に確認しておきましょう。
証拠金は、FX会社によって最低金額が異なります。
少額のFXであれば数万円といったところですが、それ以下の額でも大丈夫という会社もあります。

 

口座を開設する際は、そのFX会社が信頼できる会社かどうか、証拠金はいくら必要なのか、取引の際に気を付けなければならないことは何か、注意深くチェックするようにしましょう。
FXの取引を開始するには、FX会社に口座がある事は大前提となります。

 

○少額のFXでも確定申告をする

 

FXに慣れてくると、少しずつ利益が出せるようになると思います。
大きな損失にならないためには、小さな利益をコツコツと出していくことが重要です。
そして手にした利益がある場合、必ず確定申告を行わなければなりません。

 

確定申告と言うと、個人事業主やある程度の所得がある人が行うものというイメージがありますが、FXで利益を出した場合にも確定申告を行わなければなりません。
確定申告が必要な利益額は、年間20万円以上です。
これはFXだけに留まりません。
副業や雑収入で年間20万円以上の利益が発生した場合は、必ず確定申告が必要です。
確定申告は、決められた期間の内に税務署で行います。
必要書類はお住いの市町村の申告関係のページに出ています。
ここで申告を行わないと、申告漏れという事で指摘を受けてしまいますので必ず申告するようにしましょう。

 

FXで取引を行う時は、どうせ利益なんて出せないだろうと思わず、利益が出た場合にしなければならないことも予め確認しておくようにしましょう。